自分の部屋をロサンゼルスにするにはいくらかかるのか

こんにちは!皆さんは、海外に住んでみたいなあと思う事ありますか?私は最近海外に行きたい欲が高まりまくっています。中でもロサンゼルスとか言ってみたいですね。

しかし、実際に海外に行くにはお金も時間もかかってしまう!
そこで考えました。行く事が出来ないならば自分の部屋をロサンゼルスにしてしまえば良いのではないでしょうか。

ロサンゼルスに行くのではなくロサンゼルスに来日してもらえば、移動時間は驚きの0秒です。

早速、部屋をロサンゼルスに出来るよう、カリフォルニアの基本情報について調べてみましょう。

夏の平均気温:20~30℃
夏の平均湿度:66%
代表的な動物:リス、アライグマ、スカンク
代表的な植物:ヤシ

部屋を改造するにあたって関係のありそうな物をざっと挙げてみました。

今回は、これら全てを満たした場合と飛行機に乗ってロサンゼルスに向かう場合とでどちらがお安く済むのかを比較検討してみたいと思います。

まずは気温。大体25℃前後という事が分かりました。
クーラーを25℃に設定して夏の間(3ヶ月間)つけ続けた場合の電気代は、状況にもよりますが
立ち上がりから1時間のコスト:約29円
エアコンの運転が安定してからの1時間あたりのコスト:約3円

となっているようです。3ヶ月間(92日間)は時間に直すと92×24=2208時間なので29+3×2207=6650円。かなり安く感じますね。

次に湿度。神奈川の平均湿度がおよそ76%なので、部屋をロサンゼルスにするには約10%湿度を下げなくてはいけません。除湿器の電気代は大体1時間あたり4.8円前後なので、3ヶ月での電気代は4.8×2208=10598.4円。こちらは少し高め。

続いて動物を部屋に放ちましょう。
リス、アライグマ、スカンクについて、飼えるのかといくらで買えるのかを調べていこうと思います。

リス…ロサンゼルスに広く分布しているトウブハイイロリスという品種のリスは、日本では特定外来生物に指定されており、飼育などが禁止されている

アライグマ…気性が荒く、特定外来生物に指定されており、飼育が禁止されている

スカンク…1頭25万円から飼育可能

なんと3匹中2匹が飼育禁止でした。
仕方がないので動物による「ロサンゼルス感」の演出役はすべてスカンク君に担ってもらおうと思います。

続いて部屋にヤシの木を設置していきましょう。
こちら、お値段は意外とお安く、1万円前後から購入可能なようです。雰囲気出すためにも、3本くらいは設置したいですね。

よって3ヶ月間部屋をロサンゼルスにするのに必要な値段は
6650+10598+25万+3万=297248となります。

29万7248円

およそ30万円で部屋をロサンゼルスにする事が出来るという事が分かりました。

では続いて、ロサンゼルスまでの飛行機の代金を調べてみましょう。
googleさんのフライト料金を調べる機能によると、片道およそ75000円、往復で15万円ほどという事です。

つまり、スカンク一匹の値段25万円でロサンゼルスまでの往復が可能という事です。
ここまで冷静に考えて、「自分の部屋をロサンゼルスにしたい」という欲のために動物を飼うのは生き物と接する上での倫理観に反しているような気がしてきました。反省します。

自己暗示が上手で本気でロサンゼルスだと思い込む事ができ、かつスカンクを心の底から大事にしてくださる方、ぜひ自室ロサンゼルス改造計画を検討されてみてはいかがでしょうか。30万円で憧れの海外生活が手に入りますよ。

ロサンゼルスに多いワシントンヤシは高さ25mまで成長するようなので、くれぐれもご注意ください。

最新情報をチェックしよう!